トップ> 『NICE REFORM サスティナブルスタイル』編集部お勧めの「年金疎開」&「50代からの遊び住む暮らし」
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011年06月15日 (水) | Edit |
『NICE REFORM サスティナブルスタイル』編集部お勧めのライフスタイルが「年金疎開」と「50代からの遊び住む暮らし」。
私は40代なので、「50代からの遊び住む暮らし」と聞き、これからのライフスタイルも考える時期に来てるのかなぁと思いました。


年金疎開というのは、年金生活をしている人や予備軍である50~60歳代のシニア世代が、生活の拠点を地方都市や田舎などに映し、夫婦のライフスタイルをより充実したものにすること。地方都市は土地を含めて物価が安いこともポイントですよね。


それでも、年金だけで生活費がまかなえるか不安な人には、サスティナブルスタイルがおすすめする『一般社団法人 移住・住みかえ支援機構(JTI)の「マイホーム借上げ制度」の活用』。これをフルに活用することで、自宅を売却せずに賃貸にすることが出来、家賃収入が期待出来るのです。つまり、「年金疎開すると収入が増える」なんてこともあるわけです。


私も田舎暮らしに憧れます。でも、費用が不安…なんて思っていたので、これは知っておいて良かったと思います。正直、貯蓄も思うように出来ていないのですが、一応マイホームを持っています。でも、そのローン返済でいっぱいいっぱいだったので、年金暮らしになったら大丈夫かな?と漠然とした不安があったのですが、こういう制度があると知りほっとしました。これなら私でも憧れの田舎暮らしが出来るかな~と期待しちゃいます。


サスティナブルスタイルのHPに、雑誌『NICE REFORM サスティナブルスタイル』のHPに巻頭特集「年金疎開を楽しもう!」の誌面紹介もあるので、見てみてくださいね。いろんな方のライフスタイルが参考になりますよ。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。