トップ> 火災保険の見直しで、無駄なお金が戻って来る!?
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011年06月09日 (木) | Edit |
一戸建てやマンションの購入時に住宅ローンを組まれた方も多いと思います。
契約時、必ず加入していたのが『火災保険』。35年間の長期契約ですと、一年に2万円を支払ったとして合計で70万円という多額の保険料になります。
漠然と「火事の災害に備えて」加入していた火災保険ですが、火災保険が適用されるケース(事例)をちゃんと把握していますか?


火災保険の適用範囲というのは想像以上に広いんです!
「隣の家の火事が自宅に燃え移った」「火災で自宅の庭木が燃えてしまった」などの火災はもちろん、
「雷が自宅の屋根に落ちて、瓦が壊れた」り「台風で窓ガラスが割れた」時、「ボールが飛んできて窓ガラスが割れた」「遊園地でデジカメを落として壊してしまった」「子供がお店の中で走っていたところ、商品を落として壊した」など、火災による被害ではない事例も適用になります。


自宅での被害だけではなく、外出時、旅行時の被害も補償してくれるのは嬉しいですね。火災関係の補償しかしてもらえないのかと思っていたので、このように火災とは直接関係ない事例も適用されるのが驚きでした。
みなさんはご存知でしたか?


これらの充実した保障の火災保険ですが、高い保険料を払っているから当然だと思いますか? たしかに保険料は高いです。でも、一部を見直すことで無駄なお金が戻って来る可能性があるんです。つまり、いろんな被害を補償してくれるのに、保険料が安くなるというのです。その秘密は『水害』。


実は火災保険の内訳のなかで『水害』が20%を占めているのですが、水害というのは台風や洪水で発生する被害のこと。
もし、マンションの上層階に住んでいたり、絶対に水害のない高台に建てられた家やマンションに住んでいるのなら、この水害の保障は必要ないのでは…。


たとえば年間に4000円の水害分を払っていて、あと25年ローンが残っているという人は…トータルすると10万円。
つまり『10万円が戻って来る可能性がある』のです。
逆にいえば、もし貴方の住宅には水害での被害が絶対ないのであれば、10万円分の水害分の補償を無駄に支払うことになるんです…。


ではどうすればそのお金が戻ってくるのかというと、今加入している保険会社に問い合わせするのも良いですし、この機会に、より保険料が安い保険会社を探して再契約というのもいいかもしれません。


そんな時頼りになるのが『インズウェブ』。たった1回の見積もりで複数の会社から見積もりを取得し、一番安い会社を見つけることが出来ます。『インズウェブ』は無料サービスですので気軽に見積もりしてみてくださいね。

インズウェブはこちらから

関連記事
スポンサーサイト
テーマ:お小遣い稼ぎ
ジャンル:アフィリエイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。